42a06380b6696fb6e8fc05d79885c70d_s

転職活動中のストレス解消法

2016年12月20日

転職活動を続けているとどうしても行き詰ってしまうことがあります。そんな時は少し気分転換を図ってみましょう。

転職活動は大なり小なり苦労がある

転職活動は人生を左右することで活動中は常に緊張感や不安でいっぱいになると思います。すんなり転職が決まる人もいますが、すぐに決まらない人がほとんどです。転職活動を始めた人が転職活動を終えるまでの期間は5人に1人が三カ月以上行っているという結果も出ています。そうなると様々な意味で辛い状況になると思います。まずは金銭的な問題です。前の会社を辞めて転職する場合は収入が激減するため、生活状況が厳しくなると思います。そのような人のために失業保険の制度があります。ハローワークで手続きをすれば、自分の都合で会社を辞めた時は退職してから3か月後から人によって給付期間や金額などの条件は異なりますが、失業保険の給付が受けられます。前の会社で雇用保険に入っていた場合は給付条件を確認しましょう。生活の足しがあれば安心して転職活動に臨めると思います。その次に精神的な問題です。転職活動がうまくいかないとこの先の不安と、転職活動へのストレスが溜まってしまうと思います。しかし、そんな時こそ気持ちの切り替えが必要です。転職活動では20社近く受けてようやく結果が出ることがほとんどで、一社決まらなかったとしても自分自身がダメなのではなくそれが普通だと考えることが大切です。転職活動に苦労はつきものです。

気分転換の方法

それでもストレスが溜まってどうしようもない場合は気分転換を図ることも大切です。少し転職活動から離れてリフレッシュして再び転職活動に取り組めばいいのです。気分転換にはさまざまな方法があります。まずは読書です。歴史に名を残す人たちの書いた本や偉人伝を読めば勇気や元気をもらえるような言葉がたくさん書いてあります。小説を読んで転職活動を忘れて別世界に入るのもいい気分転換になります。気兼ねなく過ごせる友人と会うことも元気をもらえます。友人と飲みに行って転職活動の辛さを話したり、遊びに行くことで気分もスッキリするでしょう。旅行に行くのもおススメです。会社勤めだとなかなかまとまった休みが取れず長期の旅行は難しいですが、転職活動中はまとまって休むこともできるのでこの機会に出かけるのもいいでしょう。自分なりの気分転換法を見つけて、ストレスを溜めないようにしましょう。