00083

家電販売員の仕事はノルマとか複数の商品知識を覚えたり大変ですか?

2016年3月3日

家電量販店でプリンターなどの家電製品を販売する仕事です。お客さんからの商品に対する質問に答えたりする必要はありますが、研修もあるので難しくはありません。高額な商品を扱うので売れたときのやりがいも他の販売の仕事に比べて多いといえます。特別な資格が必要なく高給与を得られるため、最近では人気のある仕事の一つになっています。

具体的な業務

具体的な業務としては家電量販店の店頭に立ち、家電製品を来店客に勧めたり、要望を汲み取りお客さんに適した商品を選びます。来店客の多い日は社員だけでは対応できなくなるので派遣会社から派遣されてこのような家電量販店に行くことが多いです。家電に対する知識が無くても研修でしっかりとお客様に対して接客できるだけの商品知識をつけることが出来るので未経験でも問題ありません。お客様の前に立ち商品を販売するので、明るく人と話すのが好きな性格の方には特に適しているでしょう。常に笑顔で応対することが大切です。また、お客様からはどの社員がどこの担当か区別がつかないため、お客様から自分の持ち場以外の商品に対して聞かれることもあります。そのため、すぐに案内できるように店舗の各売り場の位置は覚えておく必要があるでしょう。複雑なクレーム対応などは社員が行うので難しくはありません。立ちっぱなしの勤務になりますが、忙しい日は接客中に一日が終わるぐらいの感覚です。

勤務条件など

勤務時間は4~8時間が一般的で、給与は日給制で、約8000円~約15000円が一般的です。来店客の多い土日の勤務がメインになります。平日勤務が難しく土日しか休みが無い人でも勤務が可能です。派遣会社によってはノルマのある会社もあるので、ノルマが設定されている職場が苦手な方は勤務条件でノルマの有無を確認するといいでしょう。勤務時の服装はスーツ着用が一般的です。

やりがいと楽しさ

真剣に商品を選ぶお客様に対して最適な商品を提案し、実際にその商品を購入して頂けたときにはやりがいを感じるでしょう。高額な商品なので売り上げを重ねるごとに喜びもあると思います。初めは難しく感じることもあると思いますが、実績を重ねるごとに楽しさを感じたり自信に繋がるでしょう。ノルマがある会社ではノルマを達成して会社でトップの成績を目指して頑張れるため、目標を持って仕事が出来るでしょう。この仕事を通じて大きく成長できることは間違いありません。